デンマーク旅行であったら便利なもの3選

デンマーク旅行であったら便利なもの3選

 

北欧にあるデンマークは自然豊かで数々の宮殿や美しい町並みが残る国です。首都コペンハーゲンには世界最古の遊園地、チボリ公園があります。
あのウォルト・ディズニーはチボリ公園をモデルにし、ディズニーランドをつくったと言われています。
また『人魚姫』や『みにくいアヒルの子』の生みの親、アンデルセンはこの国出身で彼はこのチボリ公園で物語の構成を考えたと言われています。
それでは歴史あるデンマークに旅行するときにあるとよいものを3つ紹介していきます。

 

コペンハーゲンカード

デンマークを訪れたらまず観光するのが首都コペンハーゲンではないでしょうか。
コペンハーゲンにはチボリ公園の他にデンマーク王室の居住地のアマリエンボー宮殿や王室コレクションを展示しているローゼンボ―城など様々な施設があります。
郊外にはシェイクスピアの戯曲「ハムレット」の舞台であるクロンボー城や現代美術が集結したルイジアナ現代美術館などがあります。
そこで便利なのが「コペンハーゲンカード」。コペンハーゲンには観光地が歩ける距離に集まっています。
できるだけ多くの観光施設に入りたいけれど入場料が…という方にはぜひ使っていただきたいです。
このカードは有効日数によって値段が違います。

例えば1日券は約6700円、2日券は約9500円です。(2017年8月のレートより)
割高に思いますが、物価が高いデンマークでは仕方がありません。
カードなしだともっと出費しかねません。
このカードを購入すれば79の施設とアトラクション(2017年8月現在)が無料で入場できます。
さらに嬉しいのが近郊の電車、メトロ、バスなどが乗り放題!そのため郊外にも気軽に出かけられます。
一部の現地ツアーやレストランなどの割引もできます。
購入方法は公式サイトまたはコペンハーゲン中央駅や空港などの現地で購入できます。持っていて損はありません。

 

クレジットカード

海外旅行で悩むのがお金。現金かカードかどれがお得なのか気になるところです。
デンマークに関してはクレジットカードがおすすめです。
クレジットカードが大変普及しており、飲食店はもちろん小さな市場でも使えることがあ
ります。小さな買い物でも嫌な顔はされません。
現金では換金する時に高い手数料が発生します。カードでも発生するのですが、現金よりお得なようです。
カードによって手数料が変わるので安いものを使うのがおすすめです。
その他のメリットとしてはデンマークの通貨はデンマーククローネと言ってこの国でしか使えません。
隣国のスウェーデンやノルウェーなども独自の通貨です。
デンマークは隣国に電車やフェリーで行くことができます。
行った先々で換金してその度に手数料がかかったり、通貨を余らせたりしたらもったいない!

北欧諸国はクレジットカードが普及しているので活用するのがいいでしょう。
現地ATMで現金を引き出せ、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードはより便利です。
現地通貨は補助的に少し持ってメインはカードにするのがおすすめです。

 

長袖の上着

デンマークの旅行ベストシーズンは6~8月。この時期は白夜で夜になっても明るいので長い時間観光ができます。
また施設によっては冬には閉まるところがあるので夏に観光するのがおすすめです。
そして何より真夏でも涼しく快適に過ごせるのが嬉しいところ。
しかし真夏でも緯度が高いこの国は、最高気温が20度前半ぐらいまでしかあがりません。10度代の時もあります。
そのため長袖の上着があると助かります。
筆者はデンマークの夏の気温を甘く見ていたせいで上着を持って行きませんでした。
現地は思った以上に涼しく結局持っていた中で一番袖が長い服を重ね着して毎日着る羽目になりました。

 

デンマークはカラフルでかわいらしい町並みのニューハウンや古いお城、チボリ公園など見どころたくさんです。
料理は脂ののったサーモンのスモーブロー(オープンサンドのようなもの)やデニッシュパンや有名なカールスバーグのビールなどおいしいものもたくさんです。
魅力たっぷりのデンマーク旅行をお考えの方、上記の3つを忘れないで持っていってくださいね。

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!