夏の海・プールでの日焼け対策!日焼け止めグッズをご紹介!

夏の海・プールでの日焼け対策!日焼け止めグッズをご紹介!

夏といえば海!プール!旅行先でも海に入ってマリンスポーツを楽しんだりする季節です。

そんな時に気になるのが紫外線…

日焼け跡の痛みや、シミ、シワの恐怖。

でも、夏のこの季節、海、プールに行きたい!そんな人に必見の日焼け対策グッズの選び方を紹介します。

1.日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームは、海に入るのであれば、ウォータープルーフを必ず選びましょう!特にSPF50+ PA++++になっている商品の方が紫外線をよりカットできるのでオススメです。

  • SPFとは ?
    肌は紫外線を20分浴びるとメラニン色素を生成し始めるといいます。その生成し始める速度を、SPFの数値×20分で遅らせることができます。SPF50の場合は、1,000分(16時間強)の効果があります。
  • PA+とは?
    紫外線A波(UVA)をどこまで防げるかの指標になります。この+の数が多いほど、黒く焼くだけでなく、シミやシワ、たるみなどの防ぐ効果があります。

但、今回オススメされた商品はSPF50だから、1000分効果あるんだ!で安心するのは危険です。長時間つけていると人間の肌は汗とかで日焼け止めを流してしまいますので、SPFの数値が高くてもこまめに日焼け止めを塗ることは必要です。

そして、水中に入るときは、ウォータープルーフでも入る前に2回塗っておくと効果が持続します。

もし、それでも不安だなと思う人は、ウォータープルーフよりも効果がある、プロのサーファーも愛用する日焼け止めもありますので、こちらもオススメです。

2.ラッシュパーカー&トレンカ

海に入るときも、入らなときもUVカットがあるラッシュパーカーを着ていると、クリームのように落ちて効果が下がることもないのでオススメです。

ラッシュガードの下は何を着ればいいの?

泳いだ時にラッシュガードが透けてしまうので、女性の場合は、ラッシュガードの下にビキニを着ておけば問題ありません。

また、合わせてラッシュトレンカも買っておけば、足元まで日焼けせず安心です。

なお、ラッシュトレンカの上には、女性は水着用の短パンを着用し、男性は海パンを履いておきます。

それでは、この夏、紫外線対策をバッチリおこなって、最高の夏をお過ごしください。

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事