ディズニー好きが教える!朝一からディズニーリゾートの楽しみ方

ディズニー好きが教える!朝一からディズニーリゾートの楽しみ方

いつ行っても楽しいディズニーリゾートですが、あまりにも混雑していて、結局何にも乗れなかった…なんてことになったら最悪ですよね。でも大丈夫です。朝一番に飛び込む作戦で、混雑日の攻略法をご紹介します!

ディズニーリゾートは何時頃から並ぶ?

朝一番といっても、いったい何時頃に行けばいいのかってことになりますが、ランド、シー共に8時開園がほとんどです。
それまでに行けばいい?とんでもない。混雑日を想定しての話ですが、1時間前である7時の段階ですでに前方は見えないくらいの長蛇の列です。もちろん後列でもちゃんと入場できますが、開園してから順番がくるまでかなりの時間がかかってしまいます。
余裕で入ろうと思えば2時間前、少なくとも1時間半前にはゲート前に到着しておくと安心です。

開園までに準備しておきたいことは?

季節によって違いますが、冬はもちろん厳しい状況ですからカイロなどは必須。夏は熱中症対策グッズを。季節問わず必要なのがレジャーシートです。前方に並ぶことができると、屋根の下などで座って待つことができますから、レジャーシートがあれば便利。
長時間待つといっても友達や家族とおしゃべりしていたり、おにぎりやパンなんかでちょっとした腹ごしらえをしていると、意外に時間は早くたつものですし。カップルだったら尚更ですよね。


さあ開園どこへ行く?

チケットを当日までに準備しておくことは当然として、もう一つ大事なことは、開園と同時に漠然と飛び込むのではなくしっかりと計画を練っておくことです。まずどこに向かい、何をするのか。

  • ショーが目当ての人は、すぐに場所を確保。
  • キャラクター好きの人は、いきなりキャラクターたちに会えます。開園時には必ずキャラクターたちが出ているのですが、アトラクションなど他に目的がある人たちは見向きもしないで行ってしまうので、けっこうゆっくりキャラクターたちと写真を撮ったりできます。
  • アトラクションをめざす人は、キャラクターと遊んでいる暇はありません。

まず、“ファストパス”です。
しかしファストパスがほしい人気アトラクションというのはみんなと同じ。ということは一気に同じ場所を目指すということになって、結局ファストパスを取るのにまた行列ができてしまいます。スタンバイで並ぶことも可能ですが、ここではやはりファストパスをゲットしたいです。
ちなみにシーでは、圧倒的に「トイストーリーマニア」に集中します。ランドは「スプラッシュマウンテン」「ビッグサンダーマウンテン」「プーさんのハニーハント」など比較的分散するので楽ですね。

ファストパスを取った後はとりあえず何か乗る

ファストパスをゲットしたら、一番お目当てのものは乗れることが確定しました。次はスタンバイで何かのアトラクションに乗りたいものですが、実際見回してみるとどれでも乗れる状態です。並ぶといっても人気アトラクションでさへまだまだ余裕の待ち時間。
特に焦らなくてもいいアトラクションなどは、選びたい放題です。
以前の経験を紹介しますと、アクアトピア待ち時間ゼロで二つのコースを連続乗り。マジックランプシアターはわずか10人ほどで舞台からいじられまくり。インディージョーンズ一番のりというのもありました。(これはファストパスの時間が現在の時間と同じだったので取っても意味がなかった)

さて、ファストパスを手中におさめ、アトラクションを一つ二つ制覇したところ、この段階でまだ9時くらいです。そういっている間にもぞくぞくとゲストは増えて行きます。アトラクションの列もみるみるうちに長くなっていきます。

忘れてはいけないショーやパレード

10時代になるとショーやパレードが始まります。そろそろ場所を確保しておかなければいけません。1日に何回かあるショーやパレードは、やはり午前中の1回目が一番人の数が少ないのでおすすめです。開園と同時にスタンバイしている人たちに比べれば、特等席は確保できませんが、そこそこ見えるいい場所は得られると思います。

この後の展開は、その日によっていろいろ変わってきます。
最初に取ったファストパスの時間にもよりますし、おもいのほか混んでいたり、空いていたりするアトラクションも季節や日によっても違いますから。

ごはんは開園前に済ませておこう

混雑日に一番困るのがレストランの混みようです。いつありつけるかわからない長蛇の列にはうんざりしますし、何より時間がもったいないです。
朝一で飛び込んだ場合、ほとんどのレストランはまだ開店していません。ですから朝ごはんは開園前に少しだけ腹ごしらえをしておく方がいいと思います。
で、レストランが開店する時間に合わせて朝昼兼用のつもりでがっつり食べておきます。ファストフード系は少し早い目にオープンする店が多いですから、適当にお腹に収めておくのもいいですね。
それからちょっと贅沢な朝食として、ディズニーホテルの朝ごはんがあります。宿泊しなくても予約しておけばディズニーホテルのレストランで朝ごはんを食べることができます。6時台から開いているので、とても予定が組みやすく便利です。

お昼からは「乗れたらラッキー」という気持ちで

お昼近くになると、もうパークの中は激混みです。歩くのも困難な状態になる時も。そんな時はもう「乗れたらラッキー」というくらいの気持ちで過ごしましょう。おみやげを見たり、比較的待ち時間の少ないものを見つけて並んだり、パークの中を歩いて写真を撮ったりするだけでもディズニーの世界を楽しめますものね。
午後からはあっちこっち乗りまわるということは不可能なので、ポイントを絞って時間をかけて待つという過ごし方をすることを提案します。
時々ものすごくイライラしている人を見かけますが、せっかくディズニーリゾートにいるのですから、友達、カップル、家族とともに待つ時間もいっしょに楽しく過ごしたいですね。

おすすめはアーリーエントリー

朝一ディズニーで何といってもツライのは、起きる時間の早いこととゲート前で待つ時間の長さです。
それをみごとに克服してくれるのが“アーリーエントリー”です。
ディズニーホテルに宿泊すると、開園時間より15分早く入園することができるのです。もちろんアトラクションはまだ動いていませんし、パークの奥まで行くことはできず、一定の場所で待っていなければなりませんが、この15分の差は確実に大きいです。
激混みの連休などは、人気アトラクションのファストパスがアーリーエントリーのゲストだけでかなり消費されていました。
レストランでの朝食も優先されますし、いったん部屋に戻って休憩なんてこともできる!
何より、ゲートの前で1時間も2時間も待つ必要がない。激混みの時はさすがに行列は長いですが、せいぜい30分くらい前でもちゃんと開園前に入ることができます。
お金も時間もかかりますが、やはり連休なんかで激混みになると、小さな子供たち、おじいちゃんおばあちゃんたちは疲れてしまうもの。ホテルをかしこく利用すれば、楽に快適に過ごすことができますから。

まとめ

混雑はしんどい!でも行きたい!というのがディズニーリゾート。できるだけ工夫してみんなで楽しくせっかくのお休みを過ごしたいものです。いろいろな過ごし方時間の使い方ができるディズニーリゾートは、それほど奥が深いのです。

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!