旅行会社選びで悩んでいるなら必見!

旅行会社選びで悩んでいるなら必見!

1.旅行会社の選び方

旅行は皆が楽しく良い思い出が作れる行事ですが、一つ間違えれば良い思い出を作るどころか辛い経験になってしまうこともあります。
そこで予定を立てる際に自分でプランを練って旅行に行くのと旅行会社に行ってプランを練るのと、それぞれの旅行会社の特徴を記事にしたいと思います。

 

 

店舗型のメリット・デメリット
店舗型ですが、店舗型とはいわゆる街中やショッピングモールの中にある旅行会社・旅行代理店です。

 

▼店舗型のメリット

店舗型のメリットで一番大きいメリットは、旅行の知識が豊富なスタッフが居るということです。
知識が豊富なスタッフに旅行者は相談することが可能で、1人1人旅行者に合った旅行プランを練ってくれます。
スタッフが実際に行った事のある地域なら「ここのご飯がおいしい」だとか、ここに穴場スポットがあるだとか様々な事を教えてくれます。
初めて行く地域ならば旅行者は、楽しみもありますが、不安もあると思います。
その不安を解消してくれるのが旅行会社のスタッフのもう一つの役目とも言えます。

 

▼店舗型のデメリット

デメリットですが、店舗型は長年の旅行会社の知識があるので、これと言って大きなデメリットはありませんが、あるとすればやはり店舗型なので営業していない時間と日があるということです。
店舗型の営業時間は10時から18時までで、会社務めの人や日中時間が空かない人にはなかなか行きづらい時間帯です。
今言った営業時間は、あくまで平均的な時間帯で、この時間帯よりももっと遅く、或いはもっと早く営業しているお店もあります。
営業時間はその店舗ごとに決まっているので、予め調べる必要があります。

また、定休日や臨時休業なども店舗によってありますので、やはり営業時間や定休日を調べておく必要があります。
その他には、今やほとんどの旅行会社が膨大な旅行先プランを取り扱っていますが、ごく稀に行きたいと思っている旅行先のプランを取り扱っていない場合もあります。
店舗型は、こうした店舗型の都合も把握しておく必要があるのがデメリットです。

 

 

ネット予約サイトのメリット・デメリット
今や、旅行会社よりも利便性が優れていて、更には、特典や割引なども付いてくる事で旅行プランを考える際の主流になりつつあるネット予約サイトですが、
店舗型には無いメリットがあり、またその逆にデメリットも多くあるので、ネット予約サイトのメリット・デメリットをお教えします。

 

▼ネット予約サイトのメリット

ネット予約サイトのメリットは、なんといっても自分の都合だけで全て決めることができ、非常に自由に自分に合った旅行プランを練ることができます。
営業時間も無く24時間予約する事が可能で、夜中であっても早朝であっても、いつでも予約することが可能です。予約するのに、いちいち支度して外出する必要がないのがメリットです。
その他には、予約サイト限定の割引や特典などが豊富にあり旅行会社を利用するより大分料金を抑えて旅行する事も場合によっては可能なのもネット予約サイトの魅力です。

 

▼ネット予約サイトのデメリット

ネット予約サイトのデメリットは、店舗型と違って相談できるスタッフが存在しないところです。
旅行者が不明な点があっても相談する事ができず、全て自力で調べなくてはなりません。
その他に、店舗型では、旅行会社のスタッフが仲介して、確実に予約をしてくれますが、それも全て自分で行わなくてはならないので、旅行当日「ちゃんと予約ができていなかった」などの問題も起きる可能性があるところがデメリットです。
自由度が非常に高い反面問題も起きやすいというのが、ネット予約サイトのデメリットですね。

 

 

2.旅行会社を選ぶポイント

旅行を楽しむためには旅行会社をしっかりと選ぶ必要があります。
数多くある旅行会社の中にも短所や長所があります。しっかりと調べた上で、旅行会社を利用しましょう。

 

▼大手である・歴史があるか

まず、大手であるかですが、旅行会社で大手を選ぶのは絶対条件です。
大手旅行会社には、それなりの実績がありどのように経営をしてきたか等の歴史もあります。
大手旅行会社の歴史は様々で、経営難で他社と企業提携を結び今の形がある会社もあれば、過去に問題があり問題を克服し今の形があるなど、非常に面白みもあります。
気になった会社や、これから旅行会社を利用する方は、一度利用する会社の歴史や実績を調べるのも楽しい旅行をする一つの重要な事ですのでしっかりと調べましょう。

▼初心者向け会社

初心者向けの旅行会社の選び方は、大手であるかとサービスの充実度です。
大手であるかとサービスの充実度、どちらが欠けていたらそれは初心者には不向きの旅行会社です。
初心者の方で国内旅行でしたら、言語も通じますし大手旅行会社を選んでいればあまり差はありませんが、海外旅行の場合は言語が通じない場所に行くので、それなりの実績とサービスがなければ不安です。
海外旅行に行くにしても、行き先の国によって選ぶ旅行会社が分かれます。旅行会社には国によって自社の得手とする国や不得手とする国があります。
その得手不得手の問題を解消するには大手旅行会社を選ぶ必要があります。

比較的どの国にもしっかりとした対応をしてくれる旅行会社はJTBです。
ですが、JTBよりもサービスが充実している旅行会社やJTBよりも得手としている場所がある旅行会社もありますので一概にJTBが良いとは言えないのが難しい点です。

▼旅慣れしている人向け会社

旅慣れしている人で何回も行った事のある場所への旅行の場合、一番の決め手になるのは、値段ではないでしょうか。
旅慣れしていて、もう行き慣れている場所へ行く場合は、必要最低限のサービスがあれば良いと考える方も多いと思います。
そういった方には、HISがおすすめです。
比較的料金が安く大手でもあり、取り扱っているプランも非常に豊富ですので、旅慣れしている人には合っている旅行会社ではないでしょうか。
ですが、海外旅行に行く際に旅慣れしているからと言って、あまり値段だけで見ていてサービス内容を把握していないと旅先での問題が起きた際に対処できない場合もあるので、値段だけで決めるのは得策ではありません。
まずはサービス内容を見て決めていくのが一番の得策です。

▼総合旅行会社であるか

総合旅行会社であるか否かで、プランやツアーなどのサービスの豊富度も大いに変わります。
何か特別な理由がない限り、大手の総合旅行会社でプランを練るのが望ましいです。

▼担当者の能力(スポットに対してきちんと説明できるか)

旅行会社を利用するに当たって担当者(スタッフ)はとても重要な項目の一つです。
担当者によって、旅行先の不安点などを相談した際の解決になるかならないか、旅行先の観光スポットや隠れた名所など様々な知識を教えてくれるのも担当者次第です。
こうした人に左右されるのも店舗型のデメリットですが、今では、ほとんどの会社が社員教育の強化をしていて、利用者への対応はもちろん様々な旅行先へ対応するように日々調べて勉強している担当者もいます。
最近ではこうした社員教育も行き届いているので、対応が最悪だったということは、なかなか無いです。

▼客層

ツアーなどに行く際には、客層も大事になってきます。
利用者が、60代70代で、自分以外のツアー客が20代などの客層の場合、雰囲気になかなかなじめない場合もあります。また、その逆も言えることで20代の人が60~70代の方の雰囲気に溶け込むのは中々難しいです。
ツアー旅行は周りの雰囲気もとても大事になってきますので、自分に合った客層のツアーを選ぶ事も大切です。ツアーの内容を良く確認し、旅行会社がターゲットにしている客層をきちんと確認しましょう。
(客層はツアー内容に書いている場合もあれば書いてない場合もあるので、書いていない場合は問い合わせてみるのも良いです。)

3.海外向け旅行会社の選び方

海外への旅行は国内旅行より慎重に選ぶ必要があります。
旅先では言語が通じない・日本での常識が旅先では通じない等は、日常茶飯事です。
旅行先の文化や言語をトラブル防止の為にも必要最低限覚えておきましょう。

 

▼団体で利用する旅行会社の選び方ポイント

団体で旅行をする際の旅行会社の選び方は、団体・法人へのサービスの充実度です。

大手旅行会社ならほとんどの会社が団体・法人用のプランやサービスをしていますが、やはり団体や法人一つ一つに事情や、要望があります。
それに柔軟に対応できる力を持っているかが、選ぶポイントになります。
そういったポイントを踏まえても、やはり大手旅行会社を選ぶのは絶対条件になります。
大手旅行会社のJTBの場合、社員旅行や海外研修小中高などの修学旅行などにも対応してくれていて、柔軟に対応してくれます。
ですが、社員旅行や修学旅行の場合でも、料金を安く済ませたい場合やその逆に、料金は少々高くなってもいいが、団体で行くのでとにかく安全に行きたいなど様々な要望があると思います。
そういった要望で大手の中でも選ぶ旅行会社が変わってきてしまいます。
大手でJTBやHISなどがありますが、この二社でも大きく違う所があります。
JTBは、利用する飛行機などが、ANAやJALなどの格安航空会社ではないので、比較的割高、その分信頼が深い会社なので安心。
HISは、利用する飛行機などが、バニラ・エアやジェットスター・ジャパンなどの格安航空なので、比較的料金が割安ですが、ANAやJAL程の信頼や実績はまだ無くANAやJAL程の安心は持てません。
サービスに関しても、HISはJTBと比べて評価がまだ浅いので注意が必要ではあります。

▼個人で利用する旅行会社の選び方ポイント

個人で利用する場合、どう旅行したいかによって選ぶポイントが異なります。
料金を重視するかサービスの質を重視するかで大きく異なります。その他にも個人個人の要望を対応してくれる会社を選ぶ必要もあります。
海外旅行は、旅に慣れているといっても旅行会社のサポート無しでは、何か問題が起きれば自分だけでは対応しきれない場合が多いです。
その為海外旅行に行く場合は国内旅行よりも入念に旅行プランを練る必要がありますし、なにか問題が起きた場合のサポート体制もしっかりと把握する必要があります。
※私個人の意見ではありますが、海外旅行に行く場合は出費を削ろうとせずサービスが充実していて質が良い旅行会社を選ぶのが得策かなと思います。
個人ツアーでも、同じような事が言えます。個人ツアーでも問題が起きることはありますので、個人ツアーの日程やサービスなどを見て自分に合った個人ツアーを選びましょう。

▼ツアーはパッケージ型かフリープラン型か

ツアーの中には大きくパッケージ型かフリープラン型の二つに分かれます。
それぞれ長所短所があるので、自分合ったプランにしましょう。

▽パッケージ型ツアーの特徴

パッケージ型は、全て旅行会社が手配してくれるプランです。
飛行機・ホテル・食事・現地での移動手段・ツアーガイド・など全てセットになっているので海外旅行では言語が通じなくて困ったなどの問題は起こらなくなります。
初めて行く旅先の場合は非常に安心して行けるプランで、知識豊富な旅行会社がプランを練っているので身体的に疲れる事も比較的なく、観光名所をツアーガイドが案内してくれるので、名所の事が良く理解できるのもこのプランの特徴です。

▽フリープラン型ツアーの特徴

フリープラン型は、旅に必要不可欠となる根本的な部分だけを手配してくれるプランです。
飛行機やホテルなどの根本的な物だけを手配してくれて、現地では、ほとんど自分で手配することになるので、自由に観光することができるのが特徴ですがその反面、問題もそれなりに多くなります。
ですが、一応ツアーですので、旅行会社によりますが、問題時などのサービスは豊富にあると思います。
旅慣れしている人や、自由に観光したい人などはフリープラン型の方がおすすめです。

▼アクティビティの豊富な旅行会社

旅行会社を選ぶポイントで重要な項目でもあるのが、アクティビティの種類です。
アクティビティが豊富な旅行会社を選ぶ事も旅行の楽しみと言えます。
旅行は観光だけが旅行ではなく、旅先でしかできない遊びをする事も旅行の楽しみの一つですね。
アクティビティを重要視した旅行をする際は、ヤフートラベルが適しているのではないかと思います。
ヤフートラベルは国内最大級の旅行予約サイトを運用するじゃらんと提携を組んでいてレジャー等のアクティビティが非常に豊富にあります。

▼目的のプランが出来るかが重要

旅行をする際には、目的のプランを練って実際にできるかが、旅行を楽しむ最大の分かれ道です。
自分が考えていたプランとは違って、時間が空きすぎたり、時間が押し迫っていたりすると楽しい旅行が出来なくなります。
入念にプランを練って、そのプランにしっかり対応してくれる旅行会社を選ぶ必要があります。

▼旅行先での移動手段など手配してくれるか

海外旅行で、もう一つの問題点は、旅行先での移動手段の手配です。
自分で移動手段を手配する場合とツアーなどのプランにセットになっている場合がありますが、その点もよく確認しておく必要があります。
現地での移動手段は主に、バス・タクシー・電車だと思いますが、バス・電車の行き先が違ったりして迷子になる可能性もあるので十分調べる必要があります。
タクシーの場合言語が喋れなくても、写真などを見せれば大体は通じますが、治安が悪い国では、旅行客への料金が割高に設定されている可能性もあり通常より旅行代金が高くつく場合もあります。
その為、出来るだけトラブル防止の為にも現地での移動手段もプラン内に入っているのかの確認をするのと、ツアーでない場合、スタッフに入念に聞いておくのが得策です。

 

 

4.国内向けの旅行会社の選び方

旅行会社には国内旅行に適している会社と海外旅行に適している会社があります。
ほとんどの旅行会社が国内外の旅行のプランを豊富に取り揃えていますが、中には海外旅行に力を入れていて国内旅行が充実していない会社や、またその逆もあるので、ここもよく調べる必要があります。

 

▼団体で利用する旅行会社の選び方ポイント

団体で国内旅行をする際は、集まった予算内でより良い旅にするように慎重になるものです。
様々な会社が団体向けのプランを用意していて、大手旅行会社なら柔軟に対応してくれると思います。
団体で国内旅行に行く際、利用する旅行会社で人気な旅行会社は、HISをよく耳にします。
HISは格安航空を主に利用しますので、料金は格安になりますが、その他のサービスなどは、他社と比べて少し心細い所もあります。
ですが、ホテルや飛行機はしっかりと取ってくれますので、団体の国内旅行の場合は安心して利用できる旅行会社なのではないでしょうか。

▼個人で利用する旅行会社の選び方ポイント

個人で国内旅行をする際は、観光を楽しみたい場合・旅先でしかできないレジャーを楽しむ場合・と様々な用途次第で適切な旅行会社が変わってきます。
また、旅行先が、北海道であったり沖縄であったり四国であっても地域別に得意とする旅行会社があるので、旅行先に合った旅行会社を選ぶ必要があります。
ですが、なにか特別な旅行などではない限り大手旅行会社を利用すれば海外旅行とは違い大体対応してくれます。
個人の国内旅行のおすすめはHISやJTBですが、場合によってはHISやJTBより自分に合ったプランがある旅行会社もあると思うのでよく調べて良い旅行にしましょう。

▼ツアーの内容

ツアーの内容は旅行会社によってさまざまです。
季節によって、旅行会社それぞれの特集プランを組まれていたりします。
春は、満開の桜が見れるスポットを特集したプラン、
夏は、ビーチやヒマワリ畑・アイスなどの特集を組んでいたり、
秋は、味覚の秋とも言うので、旬の食べ物を堪能できる特集を組んでいたり、
冬は、寒い季節の温泉スポットなどの特集を組んでいたりします。
季節に合った特集を組まれていますので気になった旅行会社のサイトに飛んでどんな特集をしているのかとプランを見て計画を練るのも良いですね。

5.各旅行会社の説明

今や、様々な旅行会社が存在していて、どの旅行会社を利用するか悩みますが、各旅行会社の特徴を説明します。

 

▼JTB

JTBは旅行会社の最大手でもあり、非常に長い歴史があります。
長年、旅行会社をしている企業で、膨大なノウハウを持っている社員やスタッフがどの店舗にも居て利用者に合った最善のプランを練ってくれます。
旅行会社はネット予約サイトの普及で今や不況ではありますが、長年人々が信頼して利用してきた実績があり非常に信頼してプランの相談をすることができる旅行会社の一つです。
今は格安航空が主流になりつつありますが、格安航空は不安と思う人も少なくないと思います。
JTBは格安航空ではなくJALやANAといった航空会社を利用するので、格安航空が不安な方などには良い旅行会社です。

その反面JALやANAなどのメジャーな航空会社を利用するので他の旅行会社より料金が高くなってしまいます。
その他に、JTBは海外旅行のツアーを考えている場合、JTBは最初から最後まで他の人と行動を一緒にする企画が主流で、持病持ちの方や旅行先の言語をあまり覚えていない方にはツアーを考えている場合でもJTBは非常に良い旅行会社です。
少々料金が高くても安心して旅行を楽しみたい方におすすめの旅行会社です。

▼HIS

HISは、JTB程歴史は長くはありませんが、HISもたくさんのノウハウを持った旅行会社です。
JTBと比べると若い企業ではありますが、時代の流れに柔軟に対応してきている企業という感じで、今や旅行の際に利用する航空会社が、JALやANAよりバニラ・エアーやジェットスター・ジャパンなどの格安航空会社が主流になりつつある状況で、格安の航空会社を多く取り扱っている旅行会社がHISです。
旅行の際に一番お金が必要な物は航空券で、その航空券を安く取得できれば、個人旅行で合ってもツアーで合っても非常に料金を抑えることができます。
その為、HISはJTBなどと比べ非常に料金を抑えた旅行が可能です。
格安航空会社と通常の航空会社の差額を見れば、「格安航空は不安だから」と言っていた方も考え方が変わるかもしれません。
料金を安く済ませたい人におすすめの旅行会社です。

▼楽天トラベル

楽天トラベルはネット予約サイトが主で、楽天株式会社が運営するサイトです。
楽天トラベルの最大の特徴は、宿などの登録施設が非常に豊富な所で、仕事で出張の際などに利用するのが定番になっているサイトです。
なので、急な出張でも対応できる宿が多いので容易に宿を探すことができます。
その他に、楽天株式会社は旅行会社とは別に様々な分野に展開しているので楽天カードを所持している場合、楽天トラベルを使用すると楽天オークションや楽天市場などで使用できるポイントが溜まるのも特徴です。
楽天カードは誰でもネット上で作ることが可能です。
急な旅行や出張の方には、宿が見つかりやすい楽天トラベルがおすすめです。

▼ヤフートラベル

ヤフートラベルは、Yahoo!が運営するサイトです。
Yahooといえば検索エンジンですが、その検索エンジンの運営のノウハウを活かしたサイトになっている
ので、非常に有益な情報が見つかりやすいです。
その他、ヤフートラベルは、多くのプランを取り扱っていて、国内ツアーや海外ツアーなどはもちろんですが、宿・高速バス・レンタカーまで対応していて、更には海外旅行保険にまで対応しています。
サイト内では、特集などが組まれていて利用者のプランの手助けをしてくれているサイトになっていて、利用者の評価が高いのも特徴です。
更には、旅行専門雑誌の「じゃらん」と提携をしているので、益々有益な情報を取得しやすいサイトです。

▼DeNAトラベル

DeNAトラベルは、DeNA母体の代理店業を行う企業です。
DeNAトラベルの前の名前は、スカイゲートという名前でした。
スカイゲート時代は、格安の海外旅行を主体としていたので、格安海外旅行のノウハウは非常に蓄えています。
今では、海外旅行だけではなく、国内旅行や鉄道など、その他、海外語学留学の手配や、コンサルティングなど様々な面で対応してくれます。
そして、DeNAトラベルの最大の特徴は、サイト内でのタイムセールがあることです。タイムセールを利用することで普段より格安に宿を利用することが可能になります。

▼エクスペディア

エクスペディアは、アメリカに本社を置く企業で最近になり日本に進出し徐々に知名度が上がってきている企業です。
最大の特徴は、エクスペディアで予約する際に、他サイトよりも高い金額だった場合差額分を2倍にして返金してくれるというとんでもないサービスがあることです。
ですが、他サイトより高い物を探すのがなかなか難しいぐらい全て安く提供していて、こういったサービスをするぐらい値段に自信を持っているということですね。
その他に、Tポイントカードが使えてポイントが溜まるのも魅力的で、通常でも安価な提供をしているのに、更に年会費無料のエキスプレスカードを作ると5%offになります。
非常に魅力的なサービスを展開しているサイトです。

▼JAL

JALは日本航空が運用している、日本でも最も知名度・人気度・信頼度が高い航空会社の一つではないでしょうか。
JALは航空機自体が比較的新しく、設備も充実していて機内Wi-Fiはもちろん、機材やシートも新しいので安心できます。

そして、JALの最大の特徴は、マイルが非常に貯まりやすいことです。
マイルとは、言わばポイントカードの様な物で、貯まると航空券や電子マネーその他豊富な特典に交換してくれるサービスです。
JALは、ワンワールドに加盟していて、ワンワールドに加盟している航空会社ならどの航空会社を利用してもマイルが貯まる仕組みです。ワンワールドは、日本に就航している航空会社が、凡そ11社あり日本から利用する場合はとてもマイルが貯まりやすいです。
アメリカのアメリカン航空も、このワンワールドに加盟しているので、アメリカに観光に行く人や、ビジネスで日本とアメリカを行き来する場合などには非常に便利なサービスですね。
JALが、破綻したのもまだ記憶に新しいですが、今では安定した経営をしていて、格安航空会社事業に参入しています。格安航空会社ジェットスター・ジャパンが、オーストラリアのカンタス航空とJALが協力して設立した格安航空会社です。
マイルを貯めて色々な物に交換したい人は、日本に就航している航空会社が多い航空連合に加盟しているJALがおすすめです。

▼ANA

ANAは全日本航空が運用する航空会社で、ANAも最も知名度・人気度・信頼度が高い航空会社の一つではないでしょうか。
ANAは、JALの親方日の丸(経営者などが国家・政府)だったのに対しANAは完全民間企業なので、JALよりネットワークが弱かったですが、近年では両社全く差がないと言える程まで安定したネットワークを築いています。
JALはワンワールド加盟社だったのに対し、ANAはスターアライアンスに加盟しています。スターアライアンスは加盟社が非常に多いので、国際線などを利用する場合はJALよりマイルが非常に貯まりやすいです。
その他にも、利用者への対応が非常に早いのも魅力的です。私も、ANAを利用した際に座席変更を行ったのですが、非常に対応が早くビックリしました。そういった対応が早いのも利用者の評価が高い一つの理由です。

▼近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストの特徴は、サポートが充実している点です。
海外ツアーや取扱商品の数は他社と比べやや少ないのが現状ですが、万全なサポート体制で、旅行説明会を実施しています。
このサービスは利用者に非常に安心感を与えてくれるサービスで、安心して旅行が出来るサービスです。
その他にも、海外旅行先でなにかトラブルがあったり困ったことがあれば、直ぐに電話サポートもしてくれたり、社員旅行などの法人向けサービスなども非常に充実しています。海外旅行など初心者の方でも安心して旅行に行けますので初心者の方にはおすすめです。

▼日本旅行

日本旅行は、日本で最初の旅行会社で、「日旅」とも言います。
日本旅行は、国内旅行・海外旅行を扱っていますが、その中でも日本旅行の国内旅行は非常に充実しています。
日本旅行は、西日本旅客鉄道の連結子会社なので、電車での移動や国内での寝台列車での旅行をされる方はこの日本旅行が一番合っていると思います。
その他にも日本旅行のツアーは他社ツアーと比べて比較的自由時間が多く本当は一人で旅行したいけれど終始一人ではちょっと不安で仕方なくツアーにしている方などには、この日本旅行のツアーは合っていると思います。

▼阪急交通社

阪急交通社の始まりは阪急電鉄です。
非常に長い歴史があってそのノウハウは非常に豊富です。
年々、利用者の不満などを踏まえて対処してきていますので利用者の評価も非常に高いです。
関西圏への旅行には、阪急電鉄なども気軽に利用できる特典なども付いているプランがある阪急交通社が一番適した旅行会社ではないでしょうか。

 

 

6.結局どこの旅行会社がいいの?

一丸と、この旅行会社が良いとは言えませんが、長所短所を踏まえておすすめをお伝えします。
参考程度にしてください。

 

▼海外旅行でおすすめの旅行会社は【JTB】

JTBは大手でありサービスも豊富でサポート体制もしっかりとしています。
初心者にはおすすめですし、言語が通じない国に行かれる場合はサービスやサポート体制の豊富差が重要です。

▼国内旅行でおすすめの旅行会社は【HIS】

大手旅行会社で比較的料金が安く抑えられているので、国内旅行ならHISは初心者や御老人にも安全に旅行ができる会社の一つです。
ですが、対応面ではまだ発展途上の箇所もあるのでホテルや飛行機は予約してくれるが、何か問題が起きれば自分で対処する気持ちを持っていた方が無難と言えます。
料金が安い反面サポート体制に若干ですが難ありです。

 

 

7.まとめ

数多くの旅行会社があり、ネット予約サイトもどんどん普及している中でどれが良いのか迷っている方も多いと思います。

旅行会社には得意としている旅先や不得意としている旅先・海外旅行は人気だが、国内旅行についてはまだ発展途上の旅行会社など長所短所があります。旅行する旅先に合った旅行会社を選びましょう。
また、利用する飛行機もポイントや特典などが付いてくるので調べて利用する方が得です。(詳しくは5.各旅行会社の説明の中の、JALとANAを参考にしてみて下さい。)

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事