韓国旅行の時に覚えておきたい韓国語20選

韓国旅行の時に覚えておきたい韓国語20選

テレビやインターネットの動画等で韓国の音楽や食べ物や化粧品などに触れ興味を持った方も多いのでは?日本から気軽に行ける海外と知られている韓国。今回は韓国旅行に役に立つ韓国語を20フレーズ紹介したいと思います。
初めて韓国へ旅行に行く方は是非覚えて実践してみてください。

アニョハセヨ(안녕하세요)→こんにちは

まず紹介したいのは韓国語での挨拶である言葉です。
この「アニョハセヨ」は日本語では「こんにちは」にあたる挨拶の言葉ですが実は日本語と違って朝、昼、晩いつでも使えるのです。
日本でも海外からの旅行客の方が片言でも日本語を話してくれると嬉しいですよね。
他の言葉は分からなくても挨拶だけでも勇気を出して伝えてみてください。その一歩を踏み出す事が出来ればもっと楽しい旅行になるはず!

カムサハムニダ(감사합니다)→ありがとうございます

この言葉も聞いた事がある人は多いのでは?
「カムサハムニダ」は直訳すると「感謝します」なのですが「ありがとうございます」とお礼を伝えたい時の言葉として使われています。
実は丁寧にお礼を伝えたい時に使う言葉なのです。韓国語は丁寧語や尊敬語(チョンデンマル)とタメ口のようなフランクな言葉遣い(パンマル)があるのですが、カムサハムニダは丁寧語にあたります。
他にも「ありがとうございます」に当たる言葉はいくつかあるのですが、目上の人に対して使う言葉や友達同士で使う言葉などがあり難しいのでまずこの丁寧語「カムサハムニダ」から覚えてみてください。

ネー(네―)→はい/アニヨ(아니요)→いいえ

聞かれた時に簡単に答える事が出来る「はい/いいえ」ですが韓国語だと「ネー/アニヨ」です。
もし知っている単語で聞かれた時には韓国語で答えてみるのも良いかもしれませんね。

チャルブタカムニダ(잘 부탁합니다)→お願いします

何かお願いする時やお店などで注文した時やタクシーで移動する時に使う事が多い言葉ですが、筆者は韓国旅行の時に良く使っています。
特にタクシーの運転手さんに行先を告げた後に「ウンジョンキサニム チャルブタカムニダ(운전기사님 잘 부탁합니다)」とお願いしているのですが、優しい方だと簡単な韓国語や簡単な英語等で目的地までの外の景色を見ながら観光案内をしてくれる方もいます。
あいさつ文として「カムサハムニダ」とセットで是非覚えてみてくださいね。

テッソヨ(됐어요)/ピリョオプソヨ(필요 없어요)→結構です・必要ないです

この言葉は是非覚えてもらいたい言葉!ショッピングといえば明洞!明洞では店前で呼び込みをしているのですがその客引きの激しさに初めて韓国に訪れた時にカルチャーショックを受けた人も多いと思います。強引な客引きをするお店もあり筆者も腕をつかまれ引っ張られた事もしばしば…。
興味のないお店の場合「テッソヨ」か「ピリョオプソヨ」を使ってくださいね。怖い思いや嫌な思いをするより先に「NO!」の意思表示をしてください。

~カジ オットッケ ガミョン テナヨ?(~까지 어떻게 가면 되나요?)→~までどうやって行けばいいですか?

初めての場所だと地図を見ていても分からない事ってありますよね。その場合は少し勇気を出して聞いてみてください。
親切に教えてくれる人が多いです。地下鉄の駅や地上で地図を見ていると「どこに行きたいの?(韓国語でオディカゴシポ?)」と声を掛けてくれる人が多い気がします。

オルマエヨ(얼마예요)→いくらですか

韓国で買い物をする人に覚えてもらいたい単語の「オルマエヨ」。
韓国では値段が書いていなかったり値札が付いていない物も多かったりするのでその時に使ってみてください。その場合韓国語で「10000ウォン」と返事がきてしまうと困りますよね。お店の人も海外の人だと電卓で金額を打ってくれたり分かるように書いてくれたりするので大丈夫です。

イゴチュセヨ(이거 주세요)→これ、ください

お店で買いたい商品やメニューを見て注文する時に使う言葉です。
「イゴ(이거)」とは「これ」、「チュセヨ(주세요)」は「ください」という意味なのですが、「イゴ」の代わりに「クゴ(それ)」、「チョゴ(あれ)」と商品の距離によって使い分ける事も可能です。少し離れている物が欲しい場合は「クゴ(それ)」、遠い位置にある場合「チョゴ(あれ)」を使ってみてください。

ファジャンシルオディエヨ?(화장실은 어디예요?)→お手洗いはどこですか?

この言葉も重要だと思うので覚えておくと良いかもしれません。「ファジャンシル(화장실)」は日本語で「化粧室」のこと。「オディエヨ?(어디예요)」は「どこですか?」という疑問形の言葉です。
日本と同じように女性トイレなど分かるイラストがあるので分かると思いますがお店によっては店内にトイレがない事も。
実は筆者もこのフレーズを使った事があるのですが、韓国語で「隣のビルのこの○階のトイレの鍵だからそこに行って」とトイレットペーパーと鍵を渡された経験があります(笑)。日本では経験出来ない事も海外旅行での楽しさではないでしょうか。
また「ファジャンシル」の部分をお店の名前や駅の名前など目的地に入れ替えると道を尋ねる時に使えるので是非覚えてみてくださいね。

ハナ、トゥル、セッ(하나, 둘, 셋)→ひとつ、ふたつ、みっつ

日本語で「いち、に、さん」と「ひとつ、ふたつ、みっつ」の数え方があるように韓国語にも漢数詞と固有数詞の2種類があるのですが日本語と違う代表的といえるのが時間の言い方でしょうか。今回はお店で物を注文する時に使える固有数詞を紹介したいと思います。

  • 1つ→하나(ハナ)
  • 2つ→둘(トゥル)
  • 3つ→셋(セッ)
  • 4つ→넷(ネッ)
  • 5つ→다섯(タソッ)
  • 6つ→여섯(ヨソッ)
  • 7つ→일곱(イルゴプ)
  • 8つ→여덟(イルゴプ)
  • 9つ→아홉(アホッ)
  • 10→열(ヨル)

例えば1つ欲しい時「ハナ ジュセヨ」で「ひとつください」という言葉になるのです。ハナの部分を2つ、3つと欲しい数に入れ替えるだけ、是非覚えてみてくださいね。

クニャン ボルケヨ(그냥 볼게요)→見ているだけです

日本でもお店に入るとすぐに店員さんが話しかけてくるお店ってありますよね。
韓国も同じ様にすぐに話しかけて接客してくれるのですが一人でゆっくり見たい時にはこの言葉を使ってみてください。
日本以上にお店に入るとすぐに話しかけてくる事が多いような気がするので、ただお店が気になっただけの時はこの言葉を!

 

・・カジ オルマイムニッカ?(・・까지 얼마입니까? ?)→・・までいくらですか?

東大門エリアは眠らない街として有名なショッピングエリアで、朝の5時頃まで開いているお店が多いのですが、終電を逃してしまうと徒歩圏内のホテルに宿泊している方以外必然的にタクシーでホテルまで戻る事になると思います。ここで注意したいのがタクシー。終電の時間以降に出没する違法タクシーの存在。明洞エリアでも見かける事もあるのですが高い料金を請求される事も。深夜にタクシーを使用する時に必ず使ってほしい言葉です。
実は筆者も初めて韓国に旅行した際、被害にあった事がありました。明洞で夜23時ごろに日本語で話しかけてきたタクシーの運転手さんに日本語が通じる事に安心し、明洞から市庁のホテルまで徒歩圏内だったのですが1万ウォンもかからない距離に3万ウォン(当時のレートで2100円前後)を支払ってしまったのです。その経験が悔しくて韓国語を勉強し先手として先に金額を聞くようにしています。払っても良いと思える金額だったら乗車。高い!と感じたら「テッソヨ」と断る事にしています。その際くれぐれも気を付けてほしいのは乗車せずに金額を聞く事!乗ってからだとドアのロック掛けられてしまうと危険なので必ず乗る前に聞いてくださいね!
また、終電以降だと近距離のタクシーは「近いから」と断るタクシーもあるので注意してくださいね。

チハチョル・ポス・テクシ(지하철, 버스 택시)→地下鉄、バス、タクシー

韓国で乗り物での移動手段といえばこの3つでしょうか。
地下鉄は金浦空港行きもあるので荷物の少ない方は地下鉄移動も可能。バスとタクシーに関しては日本と違う部分が運転の荒さ。乗っていて怖くなる事もあるのですが、タクシーだと乗り換えがないのでホテルまで楽をしたい人にはお勧めです。そして何といっても値段の安さ。日本に比べ安いので筆者は地下鉄を良く利用しています。その時にお勧めなのは「Tマネーカード」です。

キョトンカドゥ(교통카드)→交通カード

地下鉄で移動する時に便利なのがこの交通カード。「Tマネーカード」として知られているのですが日本でいう「Suica」や「ICOCA」のようなもの。同じようにカードに先にお金をチャージして利用します。カードの柄も多く人気のカカオトークのキャラクターのイラストなども。韓国のコンビニでも販売しているので地下鉄移動を利用する方はもちろん、バス、タクシーでの支払いも可能!便利なカードですがここで注意したい事が1つ。日本ではチャージと言いますが韓国では「チュンジョン(충전)充電」という言葉を必ず使用してください。チャージや運動する時に着るジャージという言葉は韓国語で卑猥な言葉になってしまいますので気を付けてくださいね。

イッソヨ?(있어요)→ありますか?

お店で探している物があるかどうか聞きたい時にはこの言葉。
質問したい時には「○○イッソヨ?」と聞くと確認しあるかどうかの返事が返ってきます。ある時は「イッソヨ」。ない時は「オプソヨ」と返ってきますので単語だけでも覚えておくと便利だと思います。

メニュパン ジュセヨ(메뉴판 주세요)→メニューください

食事する為にお店に入った時に使えるのがこの言葉。
メニューを見ながら指をさして注文する事が可能になります。お店によっては日本語のメニューを用意しているお店もあるので安心ですね。観光客が多いお店などは日本語が出来る従業員や日本語表記されていたりするのですが、ない場合はメニューを見せて貰いましょう。日本語のメニューがあるか聞きたい場合は「イルボノメニュパン イッソヨ?(日本語のメニューありますか?)」と聞いてみてください。

メウォヨ?(매워요?)→辛いですか?

韓国といえば唐辛子を沢山使用した辛い料理を思い浮かべる人も多いのでは。辛いのが苦手な人は注文の時に「メウォヨ?」と聞いてみて下さいね。ただ辛いかどうかの判断は人それぞれの場合もあるのですが、辛くない料理もあるので、そんな時は「アンメウンヨリガ イッソヨ?(辛くない料理ありますか?)」と聞いてみてくださいね。韓国には辛くない美味しい食事も沢山あるので大丈夫です。

チャルモッケスムニダ(잘 먹겠습니다)→いただきます/チャルモゴッスムニダ(잘 먹었습니다)→ごちそうさまでした

韓国でも日本で食事前の挨拶としていただきます、ごちそうさまでしたとして使われているのがこの「チャルモッケスムニダ」・「チャルモゴッスムニダ」です。
日本でもお店で食事した後に「ごちそうさまでした」と伝えてお店出る方が多いと思いますが、同じように韓国語で「マシッソッソヨ チャルモゴッスムニダ(美味しかったです ごちそうさまでした)」と伝えてみては。お店の人もその一言は嬉しいはず!

イゲ ムォエヨ?(이게 뭐예요?)→これは何ですか?

日本では見た事の無い物も韓国では見かける事や、知らない料理もあると思います。そんな時に便利な言葉です。商品の場合なら使い方を教えてくれたり化粧品ならテスターを使用して教えてくれたり、料理ならどんな料理かを説明してくれると思います。
海外旅行で新しい物を見かけると嬉しくなりますよね。そんな時には是非この言葉を使ってみてください。筆者は韓国のスーパーマーケット(マート)で初めてみたお菓子を試食販売していた方に聞いた所「これ食べてみて!あれも!」と次々に紹介して貰った事がありました。日本にはない食感のお菓子もあるので気になった物は是非チャレンジしてみてください。

ト マンナヨ(또 만나요)→また会いましょう

初めて入ったお店がお気に入りだったり、お店の店員さんが良い人だったりと一期一会なのが旅の魅力ですが、そんな時に使いたい言葉がこの「ト マンナヨ」です。
また会いたいな~と思った場合には是非使ってみてください。日本語だったらちょっと恥ずかしいと思ってしまう言葉も海外だとスラスラと言えるのも旅行の魔法だと思います。自分の気持ちに素直に伝えてみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は初めての韓国旅行の方に覚えて貰いたい挨拶の言葉や食事の時に使える言葉を紹介しましたが、韓国の魅力は一度行けば次も行きたくなる事。何度行っても新しい出会いや発見があるので、少しの警戒心は持ちつつ楽しい時間を過ごしてくださいね。きっとお気に入りの場所が見つかるはず!

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事