韓国のバレンタインはどんなの?日本との違い

韓国のバレンタインはどんなの?日本との違い

日本でもお馴染みのバレンタインDAY。

好きな人に渡す事を考えてドキドキしている人も学校や職場で義理チョコを渡すかどうか悩んでいる人も多いのでは?

韓国でもバレンタインはあり韓国女子にとっても重要な日となっています。
今回は日本と韓国のバレンタインの違いや、日本にはない「ブラックデー」についても紹介したいと思います。

日本とは違う?バレンタインのチョコ事情

韓国では2月に突入すると街がバレンタインデーの雰囲気へと早変わりします。

この雰囲気は日本と似ていますよね。

日本もお正月が終わり2月に近づくにつれ100円ショップやスーパーなどでも催事としてイベントスペースで沢山のチョコレートや手作りチョコの材料がずらりと並んでいます。
韓国では日本と同じように色々なイベントやチョコが並んでいますがキャンペーンが企画されていて賑やかになり、バレンタインデー当日の2/14は街中がカップルだらけに。

バレンタインでのカップル限定イベントもありカップルが利用するため必然的に街にカップルが沢山!という状況になるのです。

日本の様に本命に渡す本命チョコも義理チョコも存在しているのですが、日本と違うのは本命チョコの大きさ。
大きいバスケットにチョコレートが沢山つまった派手で大きいプレゼントも人気で店頭に並んでいます。愛情の大きさを表しているわけではないですが、女の子にとって本命の男の子に渡す大切な贈り物となると気合いが入りますよね。
義理チョコでは大きい物を渡さないので貰った男性も本命チョコだと気づくはず。

勿論、高級チョコもあるので大きさよりも高級チョコで気持ちを伝えるという女性もいると思います。
大きいバスケットに入ったチョコをプレゼントする女の子たちは、バレンタインデーまでのワクワクやドキドキしている気持ちを楽しみながら可愛らしいラッピングのプレゼントを選んでいるのだと思います。

以前韓国の男性と交際していた事がありますが、バレンタインデー当日は男性もドキドキ・そわそわしているのか「今日は何の日か分かる?」と連絡が来ていました。
遠距離カップルでも日本と韓国は同じようにバレンタインを楽しんでいるのだと思います。

バレンタインにプレゼントを渡した女子はそわそわ?ホワイトデー

日本も韓国も同じで男性がチョコレートのお返しをする日として有名なホワイトデー。

日本ではよく「チョコレートの金額の○倍」など言われていて、少し高価な義理チョコのお返しを楽しみにしている女性も多いのでは?
本命の彼からのお返しは値段なんて気にならなくても義理チョコとなると女性はシビアになるもの。

韓国でもバレンタインデーのお返しとして人気なのはチョコレートなどのお菓子やアクセサリー、花などですがバレンタイン同様に大きなバスケットも人気です。
バスケットの中身はお菓子や可愛いぬいぐるみなどが沢山。ホワイトデーにバスケットを持ち歩いている女の子を見かけたら彼氏からかな?とすぐに分かります。

女性からすれば高価なプレゼントも嬉しいですが、可愛い物や好きな物が沢山つまった大きなバスケットがお返しは嬉しいと思います。

大きくて持ち歩くのは大変でも「本命の証」とされている大きいバスケット。筆者はこのバスケットの存在を知った時一度でも貰ってみたいなーと思いました。
また、彼女に喜んでもらいたいと男性陣は様々な演出をする事が多く、ドラマなどでも見かけるサプライズ等も実際にしている男性もいます。

日本はシャイな男性が多いのかサプライズや愛の告白となると恥ずかしくて「好き」という気持ちを素直に伝える事が難しいのか愛情表現が少なく感じる事が多いのですが、韓国は同じアジアでも情熱的に愛情表現やスキンシップが多いのも特徴だと思います。

初めて見た時はカップルの距離感に驚きを隠せませんでした。日本の女性が韓国ドラマにはまるのは愛情表現やスキンシップの多さに憧れを持っている人が多いんだと思います。

日本にはないフリーの男性と女性のための記念日?ブラックデー

日本ではバレンタインデーとホワイトデーのみですが、韓国にはバレンタインデー、ホワイトデーにプレゼントを貰えなかった恋人がいない男女が慰めあう日が韓国オリジナル記念日として存在します。その名も「ブラックデー」。

このブラックデーは4/14に恋人のいない男性と女性が黒い服を身にまとい「チャジャンミョン(ジャージャー麵)」などの黒色の食べ物を食べる日となっています。

ブラックデーという言葉を使わなくても「ジャージャー麵食べに行こう」というようなフレーズで会話の意味が成り立つ事も。元々はバレンタインデーにチョコを貰えなかった男性を主にしたイベントとして知られていたのですが、現在は女の子たちの間でも同じように過ごす事になったのです。

バレンタインデーとホワイトデーはメインイベントのような形で知られていますが、フリーの人にとってはこのブラックデーが恋人をゲットするチャンスの日となり韓国ではソゲティンとう日本の合コンをしたりと前向きな人も多いのだとか。
現在はK-POPのアイドル達がSNSなどでライブ配信をする事が多いですが、2017年のブラックデーの日に2PMのテギョンさんは「ジャージャー麵を一緒に食べよう」というタイトルをつけVライブ上で動画を配信していました。

ちなみにテギョンさんはホワイトデーにも配信を行っており、芸能人でも一般人でも2月~4月のこの記念日は大切な日となっているのでは。筆者は日本でも是非ブラックデーのようなフリーな男女の為の日や気軽に参加できるイベントが出来れば出会いにつながるのになぁ…と思いました。

ブラックデー以外にも韓国にはオリジナルで毎月14日が記念日となっています。

まだまだある韓国の恋愛に関する記念日

日本で恋愛中のカップルたちの記念日といえば付き合って1年目などの1年ごとの記念日や誕生日、クリスマスなどでしょうか。

各々のカップルにとって細かな記念日はあると思いますが、韓国のカップルには記念日が沢山!韓国が好きな人にとってはお馴染みなのが100日記念日ではないでしょうか。
この100日記念日はカップルにとってとても重要な日となり、うっかり忘れていた場合喧嘩するカップルもいて最悪の場合別れてしまう事も。記念日を忘れないようにカウントするアプリを使用している人も多いのだとか。
日本には100日記念日という物がなく馴染みもないのですが、韓国カップルにとっては重要で男性が様々な企画やサプライズをしたりして愛情表現をしていました。

日本でも様々なカップルはいますが、記念日に対する考え方は日本以上に重要と考えられており、バレンタインデーやホワイトデーのプレゼントもサプライズや気持ちを表したかのような大きさであったり、日本人からすれば派手なアピールだと感じる部分もありますが、女性にとっては愛情のたくさんこもったサプライズは嬉しいのではないでしょうか。

恋愛に関する記念日はまだまだありますので、また紹介できればと思いますので楽しみにしていてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

同じアジアでも日本と韓国のバレンタインやホワイトデーの違いは似ているようで似ていない部分もあったのでは。

本命の男性や女性に対しての大きいバスケットは何歳になっても嬉しいのでは?量より質と考える人も多いかもしれませんが、そのバスケットを好きな人が本命の自分にだけを思って選んでいる姿を想像すると相手の事が愛しく感じますよね。
日本でも十人十色の恋愛ですが、それは韓国や世界中でも異なっていると思うので憧れる部分は是非取り入れてみてください。

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事