純喫茶巡りの旅にぴったりな音楽【邦楽編】

純喫茶巡りの旅にぴったりな音楽【邦楽編】

純喫茶だからこそ聴きたくなる音楽ってあると思います。

レトロな雰囲気に読書しながら音楽聴くもよし、ぼーっとしながら音楽聴くもよし。

純喫茶巡りの旅にぴったりな音楽をご紹介します。

 

GLIM SPANKY - 大人になったら

 

アコギの音と共に「タバコの匂いが私の髪にうつる」という松尾レミのハスキーな歌声から始まるこの歌。

なんだか懐かしくも、切ない気持ちにさせてくれる1曲。

never young beach - あまり行かない喫茶店で

天気のいい日にゆるーい気持ちで喫茶店で聞いてほしいのがこちらの曲。

70年代ポップスを思わせるような音楽だけど、また一味違う彼らの音楽をクリームソーダを飲みながらぜひ。

松任谷由実 - ひこうき雲

 

「風立ちぬ」の主題歌にもなったこの曲。

悲しい気持ちよりも、優しい気持ちにさせてくれます。

RCサクセション - 甲州街道はもう秋なのさ

 

嫌なことがあって喫茶店へ入って気持ちを落ち着かせようとしたけど、

投げやりな気持ちがしずまらない時はぜひこの1曲を。

お気に入りの音楽は見つかりましたか?

よかったらこちらの記事で行きたい喫茶店を探してみてくださいね。

東京で読書と喫茶店巡りの旅

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事