フィリピンの仰天交通マナーと驚異の渋滞を攻略しよう!

フィリピンの仰天交通マナーと驚異の渋滞を攻略しよう!

フィリピンの特に都市部は、アジアでも有数の車社会です。

 

空港に降り立った瞬間から、その車の多さとクラクションに驚く人も多いと思います。そんな車社会のフィリピンの交通マナーは、日本では考えられないものばかりです。

フィリピンの交通事情を知らずに訪れると、困ったことに巻き込まれる可能性も…!?

 

これからフィリピンに旅行する人、留学へ行く人、駐在する人、そんな方々には是非知っておいてほしい、驚きの交通事情と攻略法をご紹介します。

仰天交通マナーのフィリピンで生き抜く4つのススメ

フィリピン人は基本的に穏やかで優しい性格の持ち主が多いですが、ひとたび運転となると優しさや穏やかさはどこかに消えて無くなります。交通ルールなんてあってないようなもので、交通マナーは日本の常識とはかけ離れています。

 

そんな荒々しい交通マナーのフィリピンで安全に生き抜くための4つのススメをご紹介します!

 

 

1.まずはドライバーを雇うべし

フィリピンで車に乗る場合1番おすすめなのが、ドライバーを雇うことです。

 

旅行中の短期間でも、ドライバー付きレンタカーが利用できます。タクシーやバス、ジプニーという乗合バスや、トライシクルというバイクタクシーのようなものなど移動手段は色々ありますが、どれも日本人が利用するには危険が伴います。

タクシーでの高額請求、バスやジプニーでのスリ被害などはよくある話です。さらに、タクシーやバスやジプニーのドライバー達は、無茶な運転をしがちです。

 

また、ジプニーやトライシクルは手作り感満載の乗り物で、ジプニーが走行中に真っ二つに折れた!という驚きの事故も起きています。

ドライバーは日本に比べてかなり安く雇うことができるので、まずはドライバーを雇って安心を手に入れましょう。

 

 

2.ドライバーを決して急かさない

日本では、道路に引かれた車線のとおりに綺麗に列になって走るのが当たり前ですよね。

フィリピンではそんなお行儀よくしていたら一生目的地にたどり着けないとみんなが思っています。

 

運転はさながら陣取りゲームで、隙間さえあればすかさず詰め込んでいき、2車線の道路を勝手に3車線4車線として走行し始めます。ちなみに、車線変更のウィンカーなんてものは出しません。

自分の気分で自由自在に車線変更をするのです。そして、急ぐ人はさらなる上を行き、平気で対向車線を逆走して一気に追い抜いて行きます。

フィリピンで車に乗る時は、ドライバーに「急いで」とは絶対に言わないことが自分の身を守る最大のポイントです。
急かしてしまったら最後、鼻歌を歌いながら対向車線を爆走し、生きた心地がしない旅路になることでしょう…。

 

 

3.「そこらへんで降ろして」は禁句

日本で免許を取った方なら、車を止めたい時は、必ず路肩に寄せてハザードを点けて止まると教わったはず。

フィリピンでは、止まりたいと思ったその場所で止めてもOKという認識で運転しています。

 

急に道路の真ん中で車を止めて、道路に出て用をたすドライバーを見たときは衝撃が走りました。

ドライバーに降車場所を伝える時は、どこで止めて欲しいか詳細に伝えましょう。
日本でよく使う「ここら辺で降ろしてください」は危険です。道のど真ん中だろうと、信号の真下であろうとその場で止まってドアを開けはじめます。

ちなみに、乗合バス式のジプニーは、停留所が存在しないためどこでも乗り降り自由ですが、乗る時も降りる時も道路のど真ん中という場合がほとんどです。
ジプニーには乗らないのがおすすめですが、もしジプニーに乗る場合は必ずローカルの人の後ろにぴったりとはりついて乗り降りをして身の安全を確保ましょう!

 

 

4.信用していいのは自分の「目」だけ

もしあなたがフィリピンで車通りの多い道を歩く場合、信じていいのは自分の目だけです。

信号や交通整備隊はあてになりません。自分の目で車やバイクが来ないこと確認して歩きましょう。

そして、やたらと聞こえてくるクラクションも全くあてになりません。

クラクションは緊急事態にのみ使うものだと思っていましたが、この国では違います。
ドライバーは常に片手をクラクションの上に乗せていて、何か思うことがあればすぐに鳴らします。

信号が青になった瞬間「いけー!」と言わんばかりに鳴らします。
割り込まれそうになった時、逆に割り込む時、とにかくクラクションを鳴らして鳴らして鳴らしまくって自己主張します。
もはや、誰が誰に鳴らしているのか誰もわからない状況になります。

クラクションが聞こえたからと立ち止まると逆に危険なこともあるので、自分の目だけを信じて、全方位に細心の注意を払いながら歩きましょう。

世界有数の渋滞国家その実態は?渋滞を攻略するには?

フィリピンの渋滞は世界でも有数の酷さと言えます。

交通マナーが悪いから渋滞が発生しているのか、渋滞がひどいから交通マナーが悪いのか…とにかく想像を絶する渋滞地獄です。

フィリピンの渋滞事情と渋滞攻略のコツを知って、時間を読み間違えて飛行機に乗り遅れる!なんてことのないように気をつけましょう。

フィリピンの渋滞の実態は?攻略法は3つ!

フィリピンの特に都市部では、日本であれば15分で行ける距離に1時間かかるなんてことはよくあります。

 

特に、通勤ラッシュにあたる、朝8時~10時頃と、夕方16時頃以降は凄まじ渋滞が巻き起こり、歩きの方が早いのではと思うほど。ひとたび渋滞に巻き込まれると、到着時間も読めずストレスが溜まり続けるので、ご紹介するフィリピン人ドライバーに聞いた渋滞攻略法を3つをぜひ参考にしてみてください!

 

 

渋滞攻略法その1「おすすめは日曜日!」

フィリピン人はキリスト教徒が多く、日曜日は教会に行き家族で家で過ごすというパターンの人が多いため、他の曜日に比べると多少渋滞は緩和されています。ドライバーに、「どこどこに行きたい」と言うと必ず「日曜日にしたら?」と言われるほど。

 

もし外出の曜日を選べるのであれば、日曜日がおすすめです!
また、平日の場合は、通勤ラッシュを避けた、10時~16時頃が比較的マシな時間帯です。

 

 

渋滞攻略法その2「アプリを駆使する」

そこかしこで渋滞が発生しているので回避するのは難しいですが、少しでも渋滞が少ない道がわかればだいぶ時間を短縮できます。そんな渋滞情報を調べる際に役に立つのがナビアプリです。

 

フィリピン人ドライバーに人気のナビアプリ「waze」はリアルタイムな渋滞情報を取得でき、最速ルートを案内してくれます。
フィリピンに行く前にダウンロードしておくことをおすすめします!

 

 

渋滞攻略法その3「とにかく早めに出発する」

やっぱり1番は時間に余裕を持って出発することです。

 

渋滞ももちろんですが、急な交通規制で道路が通行止めになることも頻繁に起きるので、早めに出るに越したことはありません。
ナビアプリなどで自分でも到着時間を予想しておく必要がありますが、ドライバーに出発時間を相談してみるのも1つの手です。

さいごに

フィリピンの交通マナーの悪さや渋滞の酷さはもはやフィリピン名物になりつつあります。

ですが、現在フィリピンでは色々な渋滞対策が行われており、渋滞の緩和を目指しています。

 

また、道路の整備も少しずつですが進んでいる最中でもあります。

今のフィリピンは、都市開発で栄えた街と、それに追いついていない交通事情がとてもアンバランスな時期ですが、温暖な気候や穏やかな国民性、多く残る自然など、たくさんの魅力がある国であることには変わりありません。

フィリピンの交通事情を事前に知って、楽しく安全にフィリピンを満喫してくださいね!

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事