ショッピング王国のタイで是非行ってほしいオススメのお店!

ショッピング王国のタイで是非行ってほしいオススメのお店!

サワディーカー。
微笑みの国タイへようこそ。

タイ旅行というと観光やタイ料理というイメージですが、実は、ショッピング王国なのです。
タイならではの道路脇での激安商品から高級デパートの高級ブランドまでショップが立ち並んでいます。

また、バンコク市内だと世界中からバイヤーがあつまるスポットもありTシャツ、ズボン、サンダル、その他アクセサリー合計約1000バーツ、それ以下で揃えられたりすることもできます。

是非、買い物プランも旅行の際は入れて足を運んでみてはいかがでしょうか。
なにかお宝が見つかるかもしれません。

チャトゥチャック ウィークエンドマーケット

最寄り駅 BTS(スカイトレイン)ともにモチット駅
     MRT(地下鉄)

日本人も数多く訪れる観光スポットでもあるチャトゥチャックウィークエンドマーケットです。
特にタイで安く洋服や雑貨を手に入れたい方は、やはり毎週土日に開催されるこのチャトゥチャック ウィークエンドマーケットに行くことをおすすめします。
とにかくタイで最大の敷地にお店と人、人、人、人です。
ここではとにかく迷わずいいと思ったものは買うことです。

※野外やテント下なので、暑くならない午前中をオススメします。

 

サイアムスクエア

最寄り駅 BTSサイアム駅

タイの原宿的な場所です。
こちらは特に、タイの若い子向きの洋服屋さんや雑貨屋さんが立ち並んでいます。
サンダルは、1足200バーツ~のものもあり、日本でもなんなく履けるデザインの物がたくさんあります。
また、とにかくファッション発祥の地的な存在で、流行りに敏感なタイ人が集まる場所でもあるので、要チェックの場所です。
競争も激しいため、明日行ったら閉店している店などあるので、要注意です。

 

ちなみに、こちらがですが、
・ボーダーTシャツ    100バーツ
・ダメージホワイトジーンズ200バーツ
・ハット          60バーツ
合計360バーツで購入できました。

さすが、タイの原宿です。

※1バーツ=約3円

セントラルワールドプラザ

最寄り駅 BTS チットロム駅

こちらセントラルワールドプラザですが、左にZENや右に日本でお馴染みの伊勢丹がつながっています。
半日はエアコンの効いたこの中で、ウィンドウショッピングはもちろん買い物や食事などで過ごせます。
特に、洋服に関しては今流行りのデザインやブランドを多く取り揃えているので、品質重視の方にオススメです。
また、タイのファッションブランドも多く出店しているので、是非のぞいてみてはいかがでしょうか。

 

ヒューチャーパーク

こちらに行くには、BTSがまだ建設中なのでバスかタクシーとなります。

このヒューチャーパークですが、とにかく敷地が大きなことと、数多くの店舗が入店していることから、今、1日の来客数がタイで一番じゃないかと言われるくらいのショッピングモールです。
とにかく広い店内には、激安なかわいい服や、アジアンテイストな服、ブランド服などオールジャンルな店がたくさんあり、年齢問わず買い物が楽しめます。
また飲食店では、日本食店も数多くありますが、タイ料理、中華料理などその他迷ってしまうくらいです。
なんとさらにこちらには、フォレストパークという公園があり買い物の疲れを癒してくれるでしょう。
人混みのバンコク市内の買い物に飽きた方はこちらがオススメです。

 

オーダーメイド店

日本ではオーダーメイド店と聞くと耳慣れしていませんが、タイでは富裕層の方はほぼオーダーメイド店を利用しています。
タイの服飾職人のレベルに驚かされるでしょう。
作る生地にもよりますが、3000バーツ~簡単なワンピースやスーツなど1日で作れてしまいます。
タイシルクやリネンなど興味のある方は、是非オーダーメイド店に足を運んでみてください。
自分のサイズにピッタリな1着ができるでしょう。

※1バーツ=約3円

その他路上の店

タイでよく見かける路上の店ですが、よく見ると日本でも切れる洋服や雑貨があります。
店の人もしつこくセールスするわけでもなく、気軽に買い物ができます。
特にTシャツや雑貨、アクセサリーに関しては、日本で同じものを買うと何倍以上の物もあります。
Tシャツに関しては、日本で流行りの物も100~200バーツでよく見かけます。
特にアジアンテイストな洋服、アクセサリーや雑貨は路上の店が一番安く手にいれられます。

 


また最近では、ぽっちゃりさん向けの洋服屋さんが多くみかけられます。
ウエアからジーンズまで取り揃っている店もあります。
是非、路上の洋服屋さん、雑貨屋さんに気軽に立ち寄ってみて下さい。

※1バーツ=約3円

タイで買い物のポイント

・2個以上買う時は、必ず値切ってみる。
 タイでは値切り交渉は当たり前です。
・糸ほずれ、穴などがないか要確認。
 そこはタイですので、仕方ありません。
・しつこく勧められたら「リァオ マー」(また来ます。)と言っていったん店を出てみる。
 やはり店側は買ってもらいたいので、日本同様セールスしてきます。
・1000バーツより100バーツや20バーツをたくさん用意する。
 タイ語ができなければ外国人と分かり、大きいお金を持っていると値切り交渉が難しくなります。

※1バーツ=約3円

いかがだったでしょうか、タイに旅行に来る予定が買い物が一番の目的になってしまうももしれませんね。
是非、買い物王国タイを楽しんで下さい。
チョーク ディー ナ カー(タイ語で幸運を祈る、ではまたネの意味です。)

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事