冬の北海道の魅力をお届け!感動スポット6選

冬の北海道の魅力をお届け!感動スポット6選

皆さんは冬の北海道を訪れたことはありますか?

「北海道の冬は寒いから暖かい時にしか行かない!」という方も多いのではないかと思います。

ですが北海道には冬にしか見られないスポットが盛り沢山なんです!

今回はその一部をご紹介します。

1.さっぽろ雪まつり

北海道の冬と言えば!の代名詞にもなっている”さっぽろ雪まつり”。
世界三大雪まつりの1つでもあります。
その知名度は国内だけではなく国外にも広まり、海外からも多くの観光客が雪まつりを見に来るほどです。
あまりの人気の為、毎年雪まつり開催中の札幌市内のホテルはほぼ満室…早めの予約がGOODです。
また、さっぽろ雪まつりは会場が3つに分かれており、それぞれ別々の楽しみ方を体験出来ます。
それではその3つをご紹介します!

 

大通会場

 

 

saku0430さん(@0430saku_)がシェアした投稿 -

札幌の都心を東西に横切る大通り公園の端から端までの全てが会場となっています。
展示されている雪像の数は何と100基以上!
雪像の種類は北海道の自然に由来したものや、流行を取り入れたものもあります。
例えば…

 

えいかさん(@bulubulueika)がシェアした投稿 -

2015年の雪まつりでは社会現象にもなったラブライブの雪像もありました。
他にもワンピース・妖怪ウォッチなど、小さなお子様でも楽しめる雪像も盛り沢山です。
また、様々な国の食事を食べられる屋台もあります。
もちろん北海道のソウルフードが食べられる屋台も沢山ありますよ!
寒さをあったかグルメでふっ飛ばしちゃいましょう♪
北海道グルメは多すぎて紹介しきれませんが、筆者のおすすめはやはりラーメンです!
寒い中で食べる熱々のラーメンは間違いなく美味しいです、ラーメンの宝庫北海道でぜひその味をご堪能ください。

 

すすきの会場

 

 

@nyajeu_ffftがシェアした投稿 -

大通会場では雪像の展示ですが、すすきの会場では氷像の展示となっています。
氷だからこそ表現できる美しくも幻想的な氷像は約60基。
札幌市営地下鉄すすきの駅からすぐの南4条通りから南7条通りが会場です。
大通り会場の雪像のライトアップは22時までですが、すすきの会場は夜の街とだけあって、23時までのライトアップです。
氷像展示の他、氷像に触れたり乗ったり出来るふれあい広場、温かいドリンクをいただけるアイスバー等、楽しめるコンテンツも盛り沢山ですよ。
飲食店にもアクセスが良いので「雪まつりを楽しんだ後は食事を目一杯楽しみたい!」というプランにおすすめです。

 

つどーむ会場

 

 

@e______223がシェアした投稿 -

つどーむ会場は、すべり台やスノークラフトなど子供から大人までが楽しめる、雪のアトラクションがメインの会場です。
「せっかくこんなに雪があるんだからもっと体を使って雪で遊びたい!」という方や、お子様連れの家族におすすめです。
会場は屋内と屋外に分かれていて、屋外には長さ100メートル級のチューブスライダーの他、氷の滑り台もあります。
屋内では大規模な休憩所や飲食ブース、お子様が楽しんで遊べるファミリー広場もありますよ♪

2018年のさっぽろ雪まつりの開催は2月5日(月)~2月12日(月)までです。
公式サイト:http://www.snowfes.com/index.html

2.千歳・支笏湖氷濤まつり

 

terumiさん(@days.710)がシェアした投稿 -

毎年1月末~2月の中旬にかけて千歳市支笏湖温泉で開催される、氷の祭典です。
日本有数の透明度を誇る支笏湖の湖水で作られた雪像は、昼はナチュラルブルーに輝き、夜は色とりどりのライトに照らされ幻想的にまばゆく輝きます。
開催中の土日祝は18時半から花火が打ち上げられます、美しい氷像と花火のコラボレーションは必見です。
また、会場の支笏湖温泉は良質の温泉が有名で、とろりとした湯がお肌をツルツルにすると言われています。
宿泊してゆっくりと氷濤まつりを楽しむのもおすすめですよ♪

2018年の千歳・支笏湖氷濤まつりの開催は1月26日(金)~2月18日(日)までです。
公式サイト:http://hyoutou-special.asia/

3.層雲峡温泉氷瀑まつり

 

極寒の層雲峡で毎年開催される層雲峡温泉氷爆まつり。
極寒の地という事もあり、開催期間も3月中旬までと長めとなっています。
氷で造られた氷像や滑り台は迫力満点で、観る人を魅了し、ライトアップされた会場は幻想的で、まるで氷の世界に迷い込んだ様な感覚になります。
その他、氷爆まつりの時だけに現れる氷爆神社や、アイスクライミング等、楽しめるコンテンツも満載です。
会場に設営されたステージでは太鼓演奏やアイヌ民族舞踊、お楽しみ抽選会、餅まき等多くのイベントの催しもありますよ。

2018年の層雲峡温泉氷瀑まつりの開催は1月25日(木)~3月18日(日)までです。
公式サイト:http://www.sounkyo.net/event/detail.php?id=3

5.小樽雪あかりの路

 

 

fumieさん(@fu_mi_219)がシェアした投稿 -

小樽雪あかりの路は今年で20回目を迎える、冬の北海道を代表する雪とろうそくの祭典です。
会場は街の運河周りや天狗山の他、中心街から車で20分の朝里川温泉までと、かなり広域となっています。
キャンドルの灯火が小樽の古き良き街を優しく照らし、幻想的な景色を見ることが出来ます。
運河会場では古い漁具をモチーフにした浮き球キャンドル、手宮線会場では優しく温かなスノーキャンドル等、会場によって全く違うオブジェを楽しむことが出来、来場者を楽しませてくれます。

 

chamiさん(@chami.photo)がシェアした投稿 -

期間中の街は広域に渡って雪とろうそくのオブジェが展示されていますので、天狗山から小樽の街を見渡すととても美しい夜景となっています。
また、イベント開催期間は記事の最初にご紹介したさっぽろ雪まつりと日程がかぶってる日も一部あります。
札幌↔小樽は電車で30分とアクセスもいいので、宿泊してどちらのイベントを楽しむというのもアリかもしれませんね♪

2018年の小樽雪あかりの路の開催は2月9日(金)~2月18日(日)となっています。
公式サイト:http://yukiakarinomichi.org/

洞爺湖温泉イルミネーショントンネル

 

洞爺湖温泉中心部のにぎわい広場に設営された、直径70mのトンネルです。

電球とLEDライトを約40万個使う事で色鮮やかで華やかな雰囲気を演出しています。
こちらは冬の夜にしか楽しめないスポットで、冬の洞爺湖温泉の代名詞にもなっています。
恋人達はもちろんの事、お子様連れの家族にも大人気のスポットです。
また、イルミネーショントンネルの設営期間には他にも、イルミネーションストリートと洞爺湖温泉冬まつりも開催されます。
洞爺湖温泉冬まつりでは期間中毎日花火が打ち上げられるので、こちらの期間中に行くのがオススメです♪
冷え切った身体は温泉で温めるのもGOODですね。

洞爺湖温泉イルミネーショントンネルは現在開催中。3月4日(日)までとなっています。
洞爺湖温泉イルミネーションストリートは通年開催中です。
2018年の洞爺湖温泉冬まつりの開催期間は2月4日(日)~2月13日(火)となっています。

上記のイベントについては洞爺湖温泉観光協会のHPをご覧ください。
公式サイト:http://www.laketoya.com/illumination/

冬の北海道は魅力満点です!


いかがでしたでしょうか?
今回は6つのスポットをピックアップして紹介させて頂きましたが、北海道にはまだまだ冬の感動スポットが盛り沢山です!
確かに北海道の冬は寒いですが、感動スポットにはそれを忘れさせてしまうくらいの素晴らしさがあります。
2018年の冬はぜひ北海道へお越しください!きっと「来て良かった」そう思えるはずです。

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事