暮らすように旅するロサンゼルス

暮らすように旅するロサンゼルス

雲一つないカラッと晴天の空、パームツリーと一年中賑わうビーチサイド、1日を締めくくる美しいサンセット。

日本人にも人気の旅行先のアメリカはカリフォルニア・ロサンゼルス。

ハリウッド、サンタモニカビーチ、ダウンタウン、ビバリーヒルズ、メルローズ…

ガイドブック片手に定番観光スポット巡る周遊ツアーも一度はやっておきたいところ。

ですが今回ご紹介したい旅行スタイルは、暮らすように旅するロサンゼルス。

自由でゆっくりと時が流れる空気感、常にトレンドには敏感でナイトライフも充実したエキサイティングな街、スーパーフードブームの火付け役でもあり、

ベジタリアン・ヴィーガン人口急増中の健康には人一倍こだわりのあるヘルスコンシャスがミックスしたロサンゼルスのライフスタイル。

是非一度体験してみては?

Airbnbでローカルハウスをレンタルしよう

 

Airbnbさん(@airbnb)がシェアした投稿 -


日本でも徐々に浸透しつつある個人の家を宿泊先としてレンタルすることのできるアプリAirbnb。
ロサンゼルスではとってもポピュラーで別荘等の家をまるごとレンタルしていることも多くあります。

また、自宅のバックハウスやゲストルームが格安で借りられることもあり、世界中のバックパッカーをはじめ旅行者から人気のアプリの一つです。
キッチンや食器・調理器具も使用可の事がほとんどですので、ローカルのスーパーで仕入れた食材でお家でクッキングをしてみたり、大きい家にはバックヤードやプール、バーベキュ
ーエリアがあるものもあり、グループ旅行の場合はみんなでバーべキューパーティーを楽しんでみるのもとってもいい思い出の一つになること間違いなしです!
また家や部屋のレンタルとして知られているAirbnbですが、それ以外にローカルの人々が運営するハリウッドハイキングツアーやサイクリングツアー、サーフィンクラス、クッキングクラスなどの"experience(体験)"を予約することができ、こちらも人気ですので是非チェックしてみてくださいね!

早起きしてファーマーズマーケットに出かけてみよう

Gloria Sunさん(@gloglo.sun)がシェアした投稿 -


アメリカのスーパーマーケットは日本人にも大人気のホールフーズ、トレーダージューズをはじめ、オーガニックフードが充実していたり、カラフルで目を惹くかわいいパッケージだったりと見ているだけでワクワクしますよね!
そんなスーパーマーケットも楽しみの一つではありますが、今回の旅で是非オススメしたいのはファーマーズマーケット。
規模の大きいものから小さいものまで、ロサンゼルスでは毎日どこかでファーマーズマーケットが開かれています。中でも毎週日曜日にハリウッドで開かれるファーマーズマーケットかなり大きい規模のマーケットとなっており見応え抜群!

ローカルのファーマーからその日採りたてのフレッシュな野菜やフルーツ、ホームメイドのペストリーやパン、お肉やお魚・シーフード、また手作りの石鹸・キャンドルや化粧品からアクセサリーまでローカルから集まったたくさんの商品が並んでいます。
簡単に野菜をオーブンでグリルするだけでもフレッシュな素材で作る食事は、心も身体もハッピーにしてくれます。

スーパーフードたっぷりのスムージーでエネルギーチャージを

@veganfoodgalがシェアした投稿 -


アメリカの中でも最もヘルスコンシャスの街ロサンゼルスでどこにいても目につくのが、スムージーやコールドプレスジュースのお店。
ケールやフレッシュベリー、マカなどのスーパーフードとナッツバターやナッツミルク・ココナッツミルクをその場でブレンドしてくれるスムージーはとてもヘルシーで味も本当に美味しいものばかり。
好きな素材をカスタマイズしてオリジナルのスムージー作ることも、店員さんにおすすめを聞いてブレンドしてみるのも楽しみ方の一つです!
早朝のビーチサイドランニングやヨガクラスの後のスムージーでエネルギーチャージはヘルスコンシャスなロサンゼルスの定番モーニングルーティーン。
充実した朝のスタートはきっと1日を充実した素敵なものにしてくれるはず。
尚、ロサンゼルスには1日体験等ができるヨガクラスが多数あるので是非こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

週末ブランチはロサンゼルスでは欠かせません

RIVAさん(@rivacooper)がシェアした投稿 -


日本ではあまり習慣の無いブランチ。
仕事の無い休日、いつもよりちょっとだけ遅く起きた朝、贅沢なゆったりとした時間を過ごすブランチタイム。ロサンゼルスに住むローカル達のとってもお気に入りの時間。
定番のバターミルクパンケーキ、フルーツたっぷりのワッフルやフレンチトースト、エッグベネディクトやオムレツ、ベーグルサンドイッチなどロサンゼルスのカフェやレストランでは週末のブランチメニューがとても充実しています。
人気のブランチカフェは週末には行列ができていることも。
コーヒーやカフェラテと一緒に楽しむというのももちろんオススメですが、ブランチをもっと特別でいつもとは違う、ちょっと贅沢な時間にするならロゼワインやミモザなどのお酒をプラスするのがロサンゼルスでは当たり前。
Life is short, enjoy your brunch!

人種のるつぼロサンゼル!エスニックな体験を

inkyyiさん(@inkyyi)がシェアした投稿 -


ヒスパニック、コリアン、チャイニーズ、インディアン、エチオピアン、タイ、ミドルイースタン…ロサンゼルスには様々な人種の人々が生活しています。
コリアタウン、チャイニーズタウン、リトルエチオピア、タイタウンなどのコミュニティーエリアでは、看板やメニューがそれぞれの言語で書かれていたり、英語では無い言語が飛び交っていたりと、ロサンゼルスにいながら全く別の国に行ったかのような感覚が味わえます!
中でもコリアタウン(通称K−Town)は世界でも最も規模の大きいコリアタウンで知られていますので一度訪れてみる価値あり。
またコミュニティーの中には多くの飲食店やスーパーもあり、主にそこで生活をしている人々をターゲットにしているものが多い為、アメリカナイズされていない本格的な料理を楽しむことができます。
アメリカンな料理に飽きてしまった際には是非、足を運んでみてくださいね!

ルーフトップレストランで帰国前の特別なディナーを


充実したロサンゼルスライフをしっかり満喫し、帰国へのカウントダウンも始まり、徐々に現実に引き戻されていく感覚の中で、最後に特別なディナーを楽しむならルーフトップレストランへ。
ロサンゼルスは一年のほとんどが晴天という過ごしやすい気候もあり、ルーフトップのレストランやカフェ、バーなどがとても充実しています。
サンセットの時間帯には息を呑むほど美しいサンセットを見ながら食事をゆっくりと楽しむこともでき、特別な日のディナーにはぴったりのプラン。
日が沈んだ後もライトやキャンドルでおしゃれにアレンジされ、時間が経つのも忘れてしまうほど居心地の良い空間のルーフトップは、暮らすように旅するロサンゼルスを素敵に締めくくってくれるはず。

まとめ

暮らすように旅するロサンゼルスいかがでしたでしょうか?
疲れた時には息を抜くこと、リラックスすることをとても大切にし、またそうすることが自然と身についているロサンゼルスのローカルの人々のライフスタイル。
その土地の人々の暮らしに触れ、体験することは、きっと新たなその土地の良さに気付くことができるはず。
お手本はローカルのAngelino(アンジェリーノ)。
さぁ、ガイドブックは置いて旅に出よう。

SAITABI公式アカウント

最新情報をこちらからチェック!

楽天トラベル

あわせてよく読まれている記事